ダニーロ・強

Office Starseeds代表 リズミックブリージング協会代表

​アーティスト、リズミックブリージング創始者、グーダドラムプレイヤー

グーダドラム彫刻家、アクセサリー作家

  

  ブラジル、日本、スペイン、イタリア、ポルトガルの血を受継いでブラジルで誕生。幼少時代より身体を動かすこと、物創り、絵を描くことに夢中の日々を送る。11歳から日本で暮らす。大阪美術専門学校イラストレーション科に進学と共に、和太鼓奏者・藤慶哉氏に師事し、ハリウッドスター、ショーコスギ氏プロデュースの舞台[THE NINJAS FROM HOLLYWOOD JAPAN TOUR 2001]に出演し、全国ツアーに参加。後にアフリカの民族打楽器ジェンベに出会い、ミクスチャーバンドAsian effectcubeを結成。関西を中心に精力的に活動するが鬱になった事を機に解散。鬱克服後、ジェンベユニットKhorshid(ホルシード)を結成。ダブルジェンベの斬新なスタイルで路上ライブ、ライブハウス、レストラン、カフェ、植物園や野外フェス、様々なイベントに出演し、ジャンルの壁を超え、関西のインストゥルメンタルミュージシャンとのコラボやテレビ、ラジオ出演を果たし、アルバム「レンサスルセカイ」をリリース。ワンマンライブも果たす。3年半の活動の末、活動停止。以来、ソリストとして各地でサウンドヒーリングや奉納演奏を行う。音楽活動だけではなく、舞台プロデュース、ロゴデザイン、CDのジャケットデザイン、絵画、壁画ペイント、陶器のアクセサリー創作、などのクリエイティブな活動だけではなく、セラピー、ヨガ、呼吸法、レイキ、数秘学などのスピリチュアルな分野も追求。現在は太鼓のリズムに合せて行う、独自の呼吸法「リズミックブリージング」のCDリリースや指導を行っている。

2016年よりグーダドラム(GUDADRUM)を用いた音楽活動、演奏指導、販売活動、オリジナル彫刻の創作を行う。  

【近年活動経歴】
2016年    

・リズミックブリージングCD第二段発売
・資生堂スペシャルイベント出演
・バリにて 女優/松本莉緒さんと共にヨガ&音楽のコラボを実施
・野外フェス〝旅祭り〟にて、女優/松本莉緒さんと共に出演
・シンガポールにて 〝WATER FALLS〟にて世界的に活動を展開するダンサー〝ダニエル ・ロジャース〟と共に

 音楽担当出演。リズミックブリージングのワークショップも行う。
・国際ヨガの日「ヨガムードラ in千葉」にて女優/松本莉緒さんと共に出演
・呼吸器科医師 辻文生氏と共にコラボイベント「呼吸の神秘!〜スペシャリストによるbreath講演会〜」を実施
・リズミックブリージングCD第三段発売

2017年
・グーダドラムをメインに用いたCD〝GudaIRIS〟発売
・バリにてワークショップを実施
・ギリシャにてヨーロッパ最大級のヨガ、ダンス、メディテーションのフェス
〝Corfu festival 2017 SOUND & SILENCE〟に出演
・YAMAHA新作バイクプロモーションビデオ「響き合う未来へ」出演

 

2018年
・神戸北野にて世界初のグーダドラム個展を実施
・世界的に活動を展開するダンサー〝ダニエル ロジャース〟のプロモーションビデオに

 楽曲〝艶麗~enrei~〟が起用される
・グーダドラムをメインに用いたCD第二段〝響合〟発売
・健康雑誌「ゆほびか」(マキノ出版)5月号にてリズミックブリージングCD付き特集掲載
・代々木公園にて開催された野外フェス〝YES!〟に出演
・健康雑誌「ゆほびか」(マキノ出版)12月号にてリズミックブリージングCD付き特集掲載

 

Danilo Tsuyoshi

Danilo was born in Brazil. His roots are Brazil, Japan, Spain and Italy. He was into sports, creating things and arts when he was a little boy. He moved to Japan when he was 11 years old. While enrolled at the Osaka College of Art he took ILLUSTRATION DESIGN course. At the same time, Danilo learned how to play the Wadaiko (Japanese drum) from professional Japanese drummer Mr. Keisai Fuji, then he joined [THE NINJAS FROM HOLLYWOOD JAPAN TOUR 2001] which is produced by Hollywood star Sho Kosugi.Later, Danilo was attracted by African ethical drum "djembe", and he formed the band unit called "Asian effectcube". His band was active mainly inthe Kansai area in Japan, but they broke up because he was suffering from depression. After he overcame the depression, he organized djembe unit called "Khorshid". Danilo performed on various stages like on the streets, music venues, in restaurants, cafes, botanical gardens, music festivals and so on with their original double-djembe style. Moreover, he extended their genre and collaborated with various kinds of instrumental musicians in Kansai. He also played on TV or radio, and released a CD album "rensa suru sekai ( the world linked to)". He started performing as a solo artist as well.After three years and a half, Danilo started to perform mainly by himself. He created sound-healing and improvisational music for God as a soloist. Not only for music activity, he pursues a lot of creative activities such as stage production, logo design, jacket design for other artists, paintings, handmade pottery accessories and so on. In addition, he deepened his knowledge in spiritual fields like therapy, yoga, breathing, reiki and numerology.Recently, Danilo developed breathing techniques and established his original breathing technique "rhythmic breathing" which is a breathing technique led by drum rhythm. He is a representative director of Rhythmic Breathing Association now, and giving the guidance and training for this technique.